オタクは何故、女性アイドル現場に行くのか?

「アイドルと会いに行くことの何が楽しいの?」

「そんなにCDを買ってどうするの?お金もったいない!」

など、オタクは一般人と話すときには、このようなことを言われることが常です←

正直、楽しいからという理由でひたすらオタクは現場に通い続けるのだが、やっぱり一般人は納得してくれない。

そこで今回は僕が勝手に何故、オタクはアイドル現場に行き続けるのか説明します。

スポンサーリンク

現場に行く理由

バカになれるから

アイドルはライブありきです。

異性に会いに行くのであればキャバクラでもいいわけですが、

ライブが楽しいからこそ、アイドルオタクは現場に通い続けます。

ライブの何が楽しいかというと、ライブの楽しみ方に自由度があるからだと僕は考えています。

例えば、アイドルライブの楽しみ方の1つにMIX(ミックス)があります。

アイドルソングのイントロなどで意味不明な呪文を唱える合いの手だと思ってもらって差し支えありません。

一般人からすると、全く何を言っているのかわかりません。

僕もやりますが、何の意味を持つのかよくわからない(笑)

でも、MIX(ミックス)に代表されるライブでデカい声を出して楽しむことは、めっちゃスカッとします。

魂が解放されるというかいつも自分が胸の奥にしまっている思いを発散できるというか。そんな感じ。

他にも、アイドルの踊っている動きに合わせて自分もアイドルと同じ振りをするフリコピがあります。

これは僕自身の感覚ですが、フリコピは子どもの頃にテレビの前でヒーローのモノマネをしているようなそんな感覚です。

スポーツをしていた人にはわかるかもしれませんが、好きなスポーツ選手のプレーのマネとかよくやっていたと思います。フリコピはそんな感じでやっています。

他にも、ライブの楽しみ方はたくさんあります。

地蔵と言ってライブ中動かずにじっとアイドルを観ているタイプのオタクもいますが、)アイドルのライブはデカい声を出して体をたくさん動かして、まるで学校の文化祭を楽しんでいるようなそんな気分になれます。

良い意味でバカになれます。

好きなアイドルに会いたいから

2つ目の理由はこれです。やっぱり、オタクは推しが大好きです。

特定のアイドルを好きになるきっかけは人によって違いますが、好きになってしまったらとにかくそのアイドルに会いたい、観に行きたいという感情になります。

そうなると、アイドルオタクはひたすら自分の好きなアイドルに会いに行きます。

それが、たとえ自分の家から離れている場所でも平日でも行きます。

好きなアイドルに会いに行くために、オタクは遠征したり、会社の仕事をうまく片付けて有給休暇を取得したりします。

それだけ、オタクのアイドルを追いかけるモチベーションは高い。

オタクとの遊び場だから

同じ趣味の友人同士だったら、その趣味で一緒に遊んだりしますよね。ゲームとかスポーツとか。

それはアイドルオタクにも当てはまります。

友達同士で気になるアイドルを観に行ったりということは良くあることです。

特にTIF(TOKYO IDOL FESTIVAL)に代表される大きなアイドルフェスだと、

出演するアイドルもかなり多くなるので友達や知り合い同士が集まります。

大きなフェスはアイドルオタクから遠ざかっている人もその日だけ戻ってきたりするので、ある意味学校のクラスや部活のように同窓会状態になります。

現役のオタク同士だと、ワンマンライブに一緒に行くこともよくあります。僕は1人でオタクすることが多いのであまり心理がわからないですが、気の合う友人同士だと好きになるアイドルの好みもあまり変わらないのかもしれません。

まとめ

今までの話をまとめると、

①バカになれるから

②好きなアイドルに会いたいから

③オタク同士の遊び場だから

基本的に、この3つが主に一般人が感じている「何で、アイドルに会いに行くの?」に対するアンサーです。

少しでも、オタクではないあなたにオタクがどういうものかわかってもらえたかな?……

関連記事

社会人になってから、アイドル現場に行くおじさんの気持ちがわかった

スポンサーリンク