【感想】 #ババババンビ & #2i2 2マンライブ (in サンリオピューロランド)

サムネイルのインパクトが強すぎてすまんな……(僕の家にあるポムポムプリンくん)

 

元々は『#ババババンビ』小鳥遊るいさん誕生日の次の日、10月25日の公開収録番組『#ババババンビって言えると!?』で最後にサンリオから『マイメロディ』が登場し、小鳥遊さんの誕生日を祝うサプライズがあり、12月19日にサンリオピューロランドでの初主催ライブと小鳥遊さんの生誕祭が発表された。

それに併せて、しれっとゼロイチファミリア2組目のデビューライブも行われることを、このときはあまり触れられていなかったが、後日アイドルグループ名『#2i2』とそのメンバーが派手に発表されることになった。

そんな『#ババババンビ』と『#2i2』、限定ユニット『ちっちゃいものクラブ』が出演したゼロイチファミリア初の主催ライブの感想を在宅の配信視聴で恐縮だが述べていく。

 

スポンサーリンク

感想

#2i2

補足

2020年12月23日出演の『LEADING CHRISTMAS』(#2i2 初対バンライブ)の感想も一部含みます。

セットリスト(1部/2部共通)

1.FATE

2.SAYONARA

3.SCAR

先に『ちっちゃいものクラブ』から披露するのかな?と思っていたら、#2i2が先発。

アンドロイドがコンセプトだから、僕はエレクトロ系かラウド系のアイドルと予想していたけど、ラウド系(ロック系)だったね。

1曲目の『FATE』では曲中に男性のデスボイスやシャウトが入っていたので、アイドル業界だけでなくロック業界も狙っていくのかなと思われる。何回も聴いてるとサビが結構好きになってきた。

2曲目『SAYONARA』が結構好み。

『FATE』からのギャップもあるけど、ガーリーな雰囲気を感じる楽曲。女性が結構好きそう。

すごくフロアを盛り上げる曲ではないけど、十味さんと青木さんの歌声が生かされていて良い。

 

1部では動きに硬さがみられたが、2部はメンバー全員自分の持てる力を出し切っていた。

みんな楽しそうだった。良い顔をしていた。

特に森嶋さんは憧れのアイドルになれて嬉しい気持ちが画面越しでも伝わってきた。

メンバーが楽しそうだと、観てるこっちも楽しくなってくる。

オタクはメンバーの心情の変化を読み取ろうとして共感しようとするから、メンバーの想いとリンクする。

やっぱり『楽しい』感情をアイドルとオタクで共有して良いライブにすることが、ライブの原理原則であり、これからも忘れてほしくない。#ババババンビにも言えることだけどね。

アイドルのデビューとしては、良い感じのライブ。

 

今回はスタンディングではなく座りのライブだったが、ライブハウスのスタンディングのときにフロアがどんな感じになるか観たい。

#ババババンビと同様にメンバーごとに担当カラーがあって、サイリウム持ち込み推奨みたいだけど、ゼロイチオタク以外のアイドルオタクが多く流れてきたら、そんなフロアにはならなそうな気もしている。

ガンガンに振りコピとマサイ、指差しが勃発して、圧縮やリフトも出てくるかもしれない。

(今はコロナ禍だから、どのようにフロアが変化するか読めないところもあるけど。)

#ババババンビ『私心伝心』『青春ギルティ』、#2i2『SCAR』の振付を担当された『カミヤサキ』さんが所属していた『BiS』もそんな感じだった。

と思って、12月23日に横浜で行われたライブを観に行ったら、マサイしてるの僕だけだったけどね()

フリコピ勢はそれなりにいた。初見で真似るのは難しいけど、何回か通えばフリコピできそう。

個人的に振りが難しいのをフリコピしようとするほうが燃えるし楽しい。

あと僕は現場でライブを観てからグループに1人だけ推しメンを決めたがるけど、#2i2の推しは十味さんに決まった。

(ちなみに#ババババンビの推しは吉沢朱音さん。)

 

3年前までラウド系(ロック系)アイドルを追っかけていた僕としては、他にもいろいろ#2i2に対して思うことがあるけど、それは2020年の年内目標で別記事に書く。

 

#ババババンビ

セットリスト(1部/2部共通)

1.ばばばばんびずむ〜!!

2.恋のキャンディ

3.無重力ランナー

4.私心伝心

5.アイノハナ

6.青春ギルティ

7.ハナビガタリ

僕が#ババババンビを観るのは8月以来で約3〜4か月ぶり。

しばらく観ないうちに、メンバーが全員めっちゃ成長していてエモくなった。

1曲目の『ばばばばんびずむ〜!!』を観ただけで「なんか前と全然違うぞ!?」って思ったね。

半年前の初ライブは緊張でたどたどしかったのに、今回は堂々としているように見えるし、ライブが見応えのあるものに変わってきている。

8月にニコニコ動画で配信された『超アイドルフェス』は他のワンマン4桁人数集客できるアイドルとの対バンイベントで、そのときのバンビへの印象は「さすがに見劣りしてしまうな……」だった。(比べてしまうのも酷な話ではあるけど。)

しかし、今はTIFで小さめのステージのトリやSMILE GARDENの夕方にいてもいいレベルにまで仕上がっている。

 

恥ずかしながら『私心伝心』は今回初見だったけど、この曲めっちゃいい!!

歌詞も含めてオタクが好きそうな感じに仕上がっている。対バンでも定番曲なのかな?

サビ前の吉沢さんの歌割りとダンスがめっちゃ好き。

『アイノハナ』はオタクへのメッセージ性がかなり強い。ワンマンライブでは終盤もしくはアンコール明けでまた披露されると思う。

水湊さんが最初に語るところ、あれはヤバいな(笑) オタクの涙腺破壊しにきている()

#ババババンビ結成から初ライブまでに少しでもオタクした人は、ジーンとくる人もいるのではないだろうか。

まさに#ババババンビ結成から来年の初ワンマンライブまでを象徴する楽曲になりそうだけど、この曲を神格化するのは初ワンマン以降は避けたほうが良いかもしれない。これから増えるであろうファンはさすがに共感しづらい上に対バンでは使いづらい。使いどころを選ぶ楽曲。

『アイノハナ』もそうだけど、水湊さんが結構他の楽曲でも重要な歌割りを任されているイメージが強い。『ハナビガタリ』の落ちサビもそう。

対照的に『青春ギルティ』は対バンでガンガン披露されそう。

対バンライブのセトリ終盤で『青春ギルティ』→『私心伝心』の流れとか誰でも楽しいと思う。

新曲も吉沢さんが作詞に関わっているのすごすぎる。頭の中は一体どうなっているのか。

僕は彼女のクリエイティビティなところも好きなので、今後もっとクリエイティブな方向でも彼女の力が発揮されたらいいな……と個人的に思っている。

そして、セットリストの最後に『ハナビガタリ』を持ってきたのは最高。

このブログで#ババババンビを語るとき「ハナビガタリ最高!!」しか書いてない気がする()

曲数がだんだん増えてきてセットリストを練らないといけない段階にきているけど、セットリストも良かった。

 

この日は2021年3月27日に初のワンマンライブを『Veats SHIBUYA』で開催することを告知。

2020年3月27日に中止になったデビューライブと同じ日で同じ会場である。

キャパ600〜700人(コロナ禍の人数制限無しのキャパ)なんて、今の#ババババンビなら瞬殺だから、キャパ1,000の会場を取っても良かったと僕は思うけど、『Veats SHIBUYA』で初ワンマンライブをやったあとに、全国ツアーが発表されて、その大千秋楽にキャパ1,000の会場を持ってくるのかもしれないね。

きっと、メンバーの意識では「まだデビューしてない。デビューライブをやってデビューと言える。」感覚なんだろうな。僕の中ではライブアイドルシーンでオタクに知られてきているアイドルグループだけど、本人たちが納得していないっぽい(笑)

MCでは「ワンマンライブでしかできないことをしたい」みたいなことを語っていたけど、自分たちのやりたいことに気を取られてオタクが置き去りにならない程度であれば良いと思う。

個人的にはアイドルライブの楽しさと良さを生かしつつ、メンバーがやりたいことに挑戦するのが良いのかなと。

とにかく、2021年3月27日の初ワンマンライブはアツい現場になりそう。

 

小鳥遊るいさん生誕祭

#2i2と#ババババンビのライブのあとに、両グループのメンバーとサンリオキャラクターで小鳥遊るいさんの生誕祭が行われた。

1部のときに袋の中に小鳥遊さんが好きな『こぎみゅん』の入ったプレゼントを渡されていたので、こぎみゅんも好きな僕としては「こぎみゅん入ってる!!るいちゃん良かったね〜〜」ってなった()

 

アイドルとしては、8月に観たときよりもダンスが上手くなっていてライブでの存在感が増している印象を受けた。

個人的にはアイドルになっても、オタクの鑑なところを尊敬している。

コンカフェに行ったり、同じ事務所に所属しているタレントの宿題チェキを買ったりするのは水湊さんもそうだけど、小鳥遊さんが桃月なしこさんの生誕祭に観客として来ていたのはめっちゃ笑った。オタク活動に真剣すぎる()

そして、自分もオタクであることをアイドルとして生かせているのが、彼女の一番素晴らしいところだと思う。

 

ちっちゃいものクラブ

セットリスト(1部/2部共通)

1.そばにいても特別なのは僕じゃない

直前のMCで一旦はけた岸みゆさんと小鳥遊るいさん、先日『FES☆TIVE』を卒業し、ゼロイチファミリアに移籍された近藤沙瑛子さんの3人の限定ユニットである。

『ちっちゃいものクラブ』と聞くと、僕はおじゃる丸のエンディングテーマを思い出してしまうから、ポップで楽しいノリの曲でエンディングを迎えると思ったら、まさかのバラード。優しい歌声と曲調で癒される。

今回#2i2と#ババババンビのセットリストから考えると、バラードが1曲もなかったから、イベントの構成を俯瞰したときにバランスが良い。

 

まとめ

謎に包まれていた#2i2のデビューと#ババババンビの成長に驚かされたライブだった。

2021年3月27日は、#ババババンビ ワンマンライブで馬鹿騒ぎだ!!

 

関連記事

【感想】#ババババンビ デビューライブ(おうちでぽぷろないと)

【感想】#ババババンビ 初観客動員ライブ (NATSUZOME2020)

 

スポンサーリンク